あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録

おすすめの本

立花義正 著 あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録

言わずとしれたリズム取りの教科書です。

著者の立花義正さんがパイオニア株のみを手がけて相場師として大成したその課程が書いてあります。

貴重なご本人の売買譜が掲載してあり、読みながらプロの売買の手法を学ぶことが出来ます。

 

トレードする銘柄を絞るということは専門を持つということです。

専門を持つことでその銘柄の動きに自分の変動感覚をすりあわせて、動きの波に乗りやすくなるというメリットがあります。

 

立花さんは酒田新値や中源線も試してみたようですが、結局は自分の感覚で玉入れを行っているようです。

私の意見としては酒田新値を使ってもよいと思います。

というか最初からいきなり、終値だけで建てろと言われてもどうしても敷居が高く、決断出来ないと思います。

 

最初は酒田新値や移動平均線でもなんでも好きなものを使って、そこから次第に終値だけで判断できるようにトレーニングを積んでいくと良いと思います。

 

リズム取り、うねり取りをする人にはぜひ読んで欲しい本です。