くりっく365システムトレード 2012年8月16日 為替と酒田新値について

くりっく365システムトレード

今日は朝から約定が進みました。

これでほっと一息と行きたいところですが、また新たな未決済の建て玉を掴んでおります

 

 

 

 

理想は建玉したその日に手仕舞いして抜け出る

ヒットアンドアウェイ戦法で

そこを狙って売買サインを出すようにプログラミングしてあるんですが、

そうはなかなかうまく行かないもんです( ´Д`)=З

 

そして懸案の、安値を売った玉はどんどん含み損が増えてます( ̄ー ̄)

USD、GBP共に酒田新値でみるとすでに上昇トレンドに入ってます。

 

ブログに「酒田新値」で検索して来られる方もいらっしゃいますので

酒田新値と為替について私の思うところを書きたいと思います。

 

私は様々な通貨に対して酒田新値を使って延べ数十年分の検証をしていますが、

酒田新値を為替に使うと

5,6本で終了してしまってフラフラと転換&転換を繰り返す

か、あるいは

15本以上超えて20本過ぎても平気で突っ走る

という2パターンに極化する傾向が極めて強いです。

8本とか9本で終了ってのはあまり無いですね。

 

ですので酒田新値を為替の建玉に使う場合は

5,6本で転換を繰り返す部分は

「これはもう仕方ないんだ」と割り切り、手仕舞いや場合によっては損切りを粛々と行いつつ、

来るべき新値20本以上のビッグトレンドに乗るために

日々の玉操作を行うといったスタンスで使うのがオススメです。

 

酒田新値は使えないとかアマゾンの感想に書いてる人がいますが、

決してそんな事はありません。

酒田新値による建玉は時代を超えて今でも十分に使える技法です。

 

それから。

酒田新値 兄貴

で検索すると出てくる商材がありますが

私はあの人物はエセだと思ってます。

 

ローソク足の線組を前面に押し出した酒田「罫線法」は実際のトレードではほとんど意味がないです。

大事なのは酒田「新値」による建玉法です。