コードギアス 反逆のルルーシュ最終話を終えて

番組視聴

コードギアス 反逆のルルーシュを最終話(25話)まで見終わりましたのでその感想など。

コードギアス反逆のルルーシュ25話 ゼロ の感想

これで終わり?

まず最終話である25話の感想ですが、見終わった直後

これで終わりなの?

と感じたのが正直なところです。

2期があるから中途半端でもいいやとしたのか、この終わり方に意味が込められているのかは分かりませんが、単独の

「コードギアス 反逆のルルーシュ」

という名称で放送しているわけでして、そう考えると1つの作品としては未完成で終わったという印象でした(´・ω・`)

色々残した事が多すぎる

最終話間際で出てきた謎の少年?はだれか、ナナリーはどうなったのか、そもそもルルーシュとスザクの対決はどうなったのか、などなど挙げていったらきりがないわけですが、その辺を全部放り投げて終わってしまったので、やはり2期ありきの構成なのだと思います。

そしてあまりにも放置したことが多すぎるので、続きが気になる~というよりもなんじゃこりゃ感の方が強くなってしまうという悪手に感じました。

もう少し積み残し要素を減らしても良かったんじゃないでしょうか。

コードギアス反逆のルルーシュ全体の感想

ここからはコードギアス反逆のルルーシュ全体の感想です。

オリジナルの設定・世界観はとても良かった

本作はオリジナルの世界観と設定に基づいた作品で、それらは独特であり非常に良かったと思います。

ロボットものでもあり、ファンタジー要素もあり、そして割りと悲惨な内容でもあるという、それらの組み合わせは他には無い素晴らしいものだったと思います。

そう設定はとても良かったんです。

が、、、

描写が色々とおかしい

コードギアス反逆のルルーシュは設定は素晴らしく良かったんですが、それらをうまく消化できていない、ていうか描く側が力不足と感じました。

※ものすごく失礼なことを言ってると思いますが、率直にそう思ったので力不足としましたm(_ _)m

特にキャラクターの描写というか、なんでそうなるの?というシーンが多い印象です。

カレンとルルーシュの会話でネットゲームの話題に置き換えてそれでカレンが納得してしまうシーンも普通に考えればおかしい。

ルルーシュがマスクをしてない状態でナイトメアの中からカレンと会話するシーンが何度かあるも、カレンが声に気づかないというのも妙な話。
ルルーシュはあくまでも一高校生であって声色の調整に天賦の才があるとかそういう設定では無いかと思います。実際ゼロマスクにボイスチェンジャー機能のようなものがついてるわけですし。

キョウトと面会したシーンもゼロマスクを外して普通に会話してるのにそれでもカレンは気が付きませんでした。
まああれは距離があったから声が聞こえなかったというのはあるかもしれませんが・・・

また神根島のシーンでスザクがゼロに銃口を向けたシーンでカレンが「やめろー私は生徒会のカレンだーーー」といって駆け寄るわけですが、例えカレンがその場にいたところでスザクがゼロを解放する理由付けには全く至らないわけです。
カレンのあの言動を成立させスザクがゼロを解放させる根拠たるに至らせるには

それはルルーシュだからスザク、撃つんじゃない

という、カレンがゼロの正体をルルーシュだと知っているという前提が成り立たないとあの言動は全く意味が無いと思います。
思いっきり譲歩すればカレンが自分の正体を明かすことでスザクの動揺を誘う、あるいはもうカレンもパニック状態で不思議な行動に出たという解釈も出来なくは無いですが、それもなんだかこじつけのような気もします・・・(´・ω・`)

更に神根島のシーンですが、その後4人が別の島に流れ着くわけですが、結局あれだけ大勢がいた状況でなぜ4人だけ別の島に行ったのか、どうやってあの攻撃から他のメンバーも含めて無事抜け出せたのかがろくな説明もなく、当たり前のように話が進んでいくのも、ご都合主義というか描く力量が無いので全てを放棄しているような感じです。

ヴィレッタが撃たれたことで記憶が無くなり性格も変わる描写、体を撃たれて記憶が無くなるんですかね?
記憶がおかしくなるならそれはもう頭を撃たれてるんじゃなかろうか(´・ω・`)

学園祭でカレンが学校に来てルルーシュと対面するシーンでルルーシュは「学校に来たのか!!」的な反応で妙に驚くわけですが、これもカレン側からしたらただ登校しただけで普通の同級生であるルルーシュが、なんでこれだけ驚くのかおかしいと思いそうなもんですが、そういった事にもならず。
カレンはカレンで、体調が良くなったから・・・とこれまた妙に焦ったような返答を返す。
ここもお互いがお互いの正体を知り、黒の騎士団で活動中の内容を踏まえた上でないとああいう反応であり描写にはなりえないと思うわけです。

また最終話でスザクがコーネリアから略式で騎士に任命されますが、なんであのシーンが要るのか、そもそもコーネリアからあの場で騎士に任命されることに何の意味があるのかも全く意味がわかりません。意味はあるのかもしれませんが描写はなし。

といった感じで他にも細かいところは色々あるわけですが、

コードギアスのお話の核には、

お互いがお互いの正体を知らないことによるスリリングな展開

があったと思うんですが、

作ってる人達が今のキャラクターの置かれている状況をしっかり把握できてないんじゃないのか?

という様な場面がものすごく多かった印象です。

いや、把握できてるのかもしれませんがそれがちゃんと表現できていない、つまり描く力量が無いーという風に感じてしまいそうな脚本であり演出であったという感想です。

そのくせ妙なところに力を入れる

このように描き方が足りない、もう少し練っておけばという様な点が多いわりには、唐突にギャグ要素を入れてきたりするので、もっと本筋を描くことに力を入れればよかったのでは・・・という気もします。

ギャグ以外でもマオに関するシーン。あれも1度で死なせて終わらせずに翌週も立て続けに出したのが全く意味が分かりません。

いや2度出すなら出すで間隔を空けて、実は生きていたのか!的な感じでルルーシュのピンチを招く展開ならわかるのですが、前週であれだけ撃たれまくって実は生きててもう翌週で対決。そして死亡。
と、するくらいなら1週にまとめるかどちらかのエピソードを削って他の事に尺を使えばよかったのでは?という気がします。

ていうかあのキャラを別にそこまで引っ張って出す必要も意味もないだろうと思うんですが・・・(´・ω・`)

コードギアス反逆のルルーシュ感想まとめ

それから登場人物にまともな人間がほとんどいないというのも印象的でした。
まともな感性を持っていたのはセシルさん、そしてリヴァルぐらいだったと思います。

このようにアラばかり挙げてしまいましたが、作品として面白くないわけじゃないんです。

ただあまりにも???という様なシーンが多かったという印象です。

途中からこれは真面目に見るような作品じゃなくてガンダムWみたいに一周回って生暖かい目で見守るお話なんだろうな・・・という気になったものの、その割には展開がかなり凄惨なので、ついついまともな視点で見てしまわざるをえない・・・
というような妙に中途半端な見方になってしまいました。

素材は間違いなく超一級品

だけど調理があまり良ろしくない

というのがコードギアス反逆のルルーシュに対する私の評価です。

点数はちょっと厳し目で 70/100

という感じでしょうか・・・( -_-)

また続編の反逆のルルーシュR2を見れば印象が変わるかもしれませんのでそちらにも期待したいところです。