シークレットサイン投資法 256日目 シークレットサイン投資法ナイト版の仕組みを探る

シークレットサイン投資法 2012年7月31日の結果

夜   +30,000円

お昼  +90,000円

2012年7月合計 +160,000円

例によって建玉は225先物(ラージ)を1枚でございます。

 

日付の上ではまだ今日(7/31)のナイトセッションが残ってますが

それはもう8月1日付けの玉になるので

これにて一応7月度は終了です。

なんとか昼・夜通算でプラスになりました。

ひさしぶりですだ・・・( ´Д`)

 

で、問題なのがやっぱり夜です(-_-)

開始から4ヶ月連続でマイナスになってます。

やっぱ現時点ではダメなシステムと言わざるを得ないのかなぁという感じです。

残念な話ですけどね。。。

 

ていうか自分でいうのもアレですが、

ほとんど素人の私が作ったくりっく365システムトレードですら2ヶ月連続してプラスになってるので

相場の王道を踏まえて作れば別に相場付き云々に左右されないと思うんですよね・・・(-_-)

やはりどこか根本的な問題があるんだと思います。

私は基本的にシークレットサイン投資法ナイト版の擁護派ですが、

一番肝心の利益が出せてないので、やはり厳しい見方をしないといけないですよね。

 

 

以下いろいろ書いてみますがそういう考え方もあるのか的に読んでもらえたらと思います。

あと最初に断っとくと、意見・反論は一切受け付けません。あしからず。

 

まず詳細はこのブログに掲載していませんが

わたしも225先物のシステムトレードを自前で開発してます。

こちらはシークレットサイン投資法ナイト版を開始したのと同じ、

4月以降の累積成績で見れば+570です。(ラージ1枚だと利益57万円。)

ちなみに過去3年半の検証で勝率は98%ですので相場付きには全く左右されません。

というかトレンドがどうであっても利益を生み出せるようにつくってあります(´・ω・)

 

で引き続きシークレットサイン投資法のナイト版について仮説を立てて考えてみると、

仮に現在の相場付きと言うことを問題にするのであれば

4月以降のダウントレンドの場で全く取れず

6月半ば以降の持ち合いでも取れていない

のでトレンド発生時、持ち合い時に限らずどっちみち対応力が弱いのではないだろうか?

と想像出来ます。(実は上げ相場に対してだけはもうむちゃくちゃに強いという可能性はまだあるけど)

 

更に、以下はあくまでも私の推測・妄想ですが、

これまでのサインの内容や開発者のコメントやその他諸々から推測して、

このシークレットサイン投資法ナイト版は

  1. 相場の大半が持ち合いであるという事を前提に
  2. 価格変動に対する訂正・居直しが起こる場面を拾いに行く

ように作られてるんじゃないかと思います。

(なので6月以降の持ち合いで少しパフォーマンスが改善しているのだと推測できる。)

で基本スタンスとしては発生した&しつつある小トレンドに対して逆向かいで玉を建てるんだと思います。

 

が、問題なのは「価格の動きに対する訂正」が以前とは明らかに動きが変わってきてる点です。

詳細はサインの核心であったりシークレットサイン投資法・昼版の根幹にも関わるので書きませんが

相場をとりまくいろんなものが今年の1月以降これまでの動きでは無くなってます。

 

ですのでおそらく現状で利益が出せなくなってしまってるんでしょう。

だからバックテストのみを行っていた過去数年の検証では利益が出る(た)ことになっているんじゃないかと。

 

トレンドフォローもダメ、持ち合いもダメですので

正直、年の後半で挽回できる気というか根拠が今の所思い浮かびません。

シークレットサイン投資法ナイト版は自信を持って発売したは良いが、

関係者およびフェアラインパートナーズの評判を落として

1年で販売者側がサービスを打ち切って終わるんじゃないかと私は予想しています。

 

と言うのが私の妄想です。

 

つまり最後にまとめると、

これだけ否定的なことを書いたので、あまのじゃくの法則により

来月以降はプラス500を連発しまくって、

1年後には+4000くらいになっているだろうということです( ̄ー ̄)←

 

というかそうなったら良いなぁと思います。

ならんかもしれんけど。