シークレットサイン投資法 290日目 限月間のサヤを考えてないのでは

今日は諸々重なって大きくマイナスでした(-_-)

 

シークレットサイン投資法 2012年9月14日の結果

夜   -77,500円

お昼  -50,000円

2012年9月合計 +225,500円

建玉は昼は225先物(ラージ)を1枚、夜は225先物(ミニ)を5枚です。

 

まず昼からですが

今日は年に数回ある、

サインがどう頑張っても読めない日

が来てしまい、逆に建玉→やむをえず決済になりました。

そこでマイナス3万円になってます(-_-)

 

で、そのあとサインを改めて読み直して建玉したんですが

そっちもハズレを引いてしまって(ここでマイナス2万円)

結局マイナス5万円です( ´Д`)=З

 

このサインがどうしても読めない日は

もうこれは台風来たとかそういう自然災害的に割り切って

あきらめるしかないです(-_-)

 

お昼はそれで納得できるんですが、問題はナイト版です。

正直、なんで限月切り替えが発生する日に

サヤが大きく開いている状態でそこのサヤ寄せを考慮しないのか

まったく理解出来ないです(#゚Д゚)ゴルァ!!

 

はっきり言って昨日のサインはあり得ないです。

最初から自ら進んで不利な方向に建玉してどうするんだと。

(これは今日の朝を見た結果論じゃなくて、昨日の夕方の時点で明確に分かる事。)

 

やる以上はサインに何が何でも従うと決めてるので

もう目を瞑って建玉したけど、結果は案の定といった感じでした。

 

昨日~今朝の大幅マイナスに関して、

QE3がーとか世間では言ってますが本質はそこじゃないです。

おそらく設計するときに限月飛ばしとサヤの事が頭から抜けて

単に価格しか見てないんでしょう。

だいたい隣の限月を移動するのさえ神経を使うのに

ましてや元々の1番限から4番限に飛ばすのになんでサヤを考えないのか。

 

もちろん、

シークレットサイン投資法のナイト版のロジックが非公開である以上

もしかしたら限月乗換のサヤも考慮してる可能性はあります。

 

ただ、私の長い相場経験とカンでは、これ限月とサヤの事を考慮してないだろうな。

という感じです(-_-)