ツナギ売買の実践

おすすめの本

ツナギ売買の実践

 

またまた林先生の本ですが、私が林式の信奉者なので必然的に林先生の本が多くなります。

お許しをm(_ _)m

 

とはいえ、今回のこの本は極めて重要です。

もしも相場に必要な本を3冊だけ選べと言われたら、

 

間違いなく1冊はこのツナギ売買の実践を選びます。

 

ツナギは相場技法の中で極めて―本当に極めて重要な技術です。

本書でも触れられていますが日本の投資家の9割以上はツナギができません。

ていうかそもそもツナギの存在を知らんと思われます。。。

 

ツナギはシンプルですが効果抜群の手法なので、

やり方を知ってしまえば、

なるほど。これは良いことを聞いた、さっそくやってみよう!

と思うはずです。

 

が、まずそのツナギのやり方を知る事にたどり着くまでがやっかいで、

きちんと利益を出しているトレーダーを周囲で見つけることが難しい

そして

更にその中でツナギをやってる人を探すのが極めて難しい

ので、日本では自然と、ツナギなんて聞いたこともないし、やり方も分からない

という状態なんだと思います。

そんなツナギを、このたったの2000円もしない本で学習できるので、

このツナギ売買の実践は絶対に買いです。

 

 

正当な相場師としてトレーニングを積んで売買を行っているとツナギの重要性が身にしみて分かります。

具体的な建玉方法については本を読んでもらえれば理解できますが

実際相場に取り組む中でツナギ玉を建てると精神の安定感が全く違ってくるんですよね。

たとえば必死の思いで分割売買で安値を拾って片張り玉を作ったとします。

その後予定通り上昇相場に乗った場合、利益になってる、やったー(・∀・)

となるわけですが、その瞬間から

もし今から暴落したらどうしようかしら・・・

となると思います。

そんなとき1枚でもいいのでツナギ玉があれば全く違う精神状態に持って行けます。

 

精神論的なものになってしまうので文章では表現が難しいのですが

ツナギがあることで心の平穏がもたらされて、買い玉を粘らせて利をのばすこともできるんですね。

いわば人間の精神の弱さをツナギ玉を建てることで補ってしまおうというわけです。

ホントに不思議ですがツナギには多大な効果があります。

 

また別の機会で紹介するつもりですが、

ツナギ売買については同じく林先生の「商品相場の技術」に、より高度な建玉方法が説明してあります。

しかしあちらはかなり難易度が高く、商品先物を手がけた経験が無いと理解できない内容も多く、

いきなり読むと挫折してしまう恐れがあります。

あと値段も高いですし。。。

 

ツナギの基本についてはこのツナギ売買の実践があればまずは十分です。

ツナギをトレードに取り入れて、

負けにくく利をのばせる投資家になってもらえたら良いなぁと思います(・∀・)

 
ツナギ売買の実践

 

評価:★★★★★ 5/5

感想:極めて重要な書籍。

読んで実践して技法を身につければ、数100万円の価値はあると思う。