名探偵ホームズ 第3話 小さなマーサの大事件!?

番組視聴

名探偵ホームズ 第3話 「小さなマーサの大事件!?」を視聴しました。

あらすじ

ロンドンで偽銀貨製造事件が発生。

ホームズも手がかりを探して3日間ほぼ寝ずの捜査を続けますが手がかりをつかめず。

そんななかベーカー街のホームズの元へ猫のミセス・ホリーを探してほしいと子供のマーサが訪ねて来るのですが・・・

第3話感想

話の展開がかなりスピーディー

実はマーサの父親は偽銀貨づくりのプレス機調整のため、
モリアーティ一味に監禁されており、それに気がついたホームズがマーサの元へ父親を返してあげようと捜査を開始します。

今回の話、30分の中に結構内容がギュウギュウに詰め込まれていて
展開がかなりスピーディーな印象でした(・_・)

偽銀貨事件発生→マーサの訪問→猫を探しに行く→猫の件はマーサの父親が自分の手紙のトリックに気づかせるための手段→父親の所在をホームズが推理→電車で長距離を移動→モリアーティのアジトを発見→事件解決

という流れです。

途中のマーサの家で針穴写真機の原理からマーサの父親の手紙に仕組んであったトリックを見破るのですが、
この針穴写真機を知ってる人は現代ではあまりいないのではないかと思われます。
私は似たようなことをなんとなく昔、学研の科学でやったような・・・
という気はしたのですが、針穴写真機そのものは見たことも聞いたこともありませんでした(・_・)

マーサが言うほど活躍してない

事件が解決したのはマーサの行動によるところが多いのですが、いかんせん尺が30分に収まるには足りない感じなので、後半マーサは殆ど出てきません。
最後の最後、無事にパパが帰ってきてよかったねというシーンぐらいですかね。

あと、マーサなんですが犬だとは思うのだけど鼻の部分が犬鼻になっていないので人間の子供じゃないの?っていう感じの見た目になっててなんだか不思議な感じがしました(^_^;)

ゲストは大御所・神谷明

マーサの父親役の声優は神谷明さんでした。大御所中の大御所ですよね。
日本の声優界のレジェンドです。

そんな神谷さんですがなんとエンディングで表記されてた役名が「技師」としか書いて無くてビックリです(゚д゚)!

「マーサの父」ですらないパッと見、どこの誰かわからんただの「技師」扱い( ゚д゚)

・・・もしやこれはもしかしてマーサが勝手にお父さんと呼んでいただけで
実は父親でも何でも無く、血縁すら無かったりするのかもしれない。
だから配役にマーサの父とは書けなかったのだ。

なんて考えちゃったりなんかしたりして。

なお、最後の最後で道をゆうゆうと歩いていたのが当初の依頼に出てきた猫のミセス・ホリーだと思われます。

次回予告

次回の第4話はハドソン夫人がモリアーティ一味に誘拐されてしまう話です。

ハドソンさん無事にベーカー街に帰れるんでしょうか?