名探偵ホームズ 第5話 青い紅玉

名探偵ホームズ 第5話 「青い紅玉」を視聴しました。

あらすじ

ロンドンの街に謎の飛行物体が現れ街は混乱に陥ります。
しかしそれはモリアーティ教授の罠で、世間の注目を引いている間に
教授は世界に1つしか無いと言われる青い紅玉(ルビー)を宝石店から盗み出します。

そして青い紅玉を懐に入れアジトに引き上げる途中の教授に
スリの少年が体当りし教授から宝石を盗むのですが・・・

第5話感想

ポリィ(クリリン)の物語へと原作を大きく改変

青い紅玉は原作だと最後のシーンで犯人に対してホームズの嘲笑と罵声が飛ぶわけですが、
それを流石に子供向け番組でやるわけにはいかないでしょうしどうなるのかと思っていました。

が、どうやら青い紅玉という鍵になるアイテムのみを残し、
あとの部分はほぼ全部オリジナルストーリーに変更されていました。

話のコンセプトはポリィというスリの少女(最初は少年ぽかったけど実は女の子)とホームズ、ワトソン、ハドソンさんとの交流物語になっています。

これはこれでいいもんだと思いました(´ω`*)

なおポリィの声の担当は田中真弓さんでした。

スリだが悪い子ではない(哲学)

ポリィはスリをしながら生計を建てているような子供で、
お父さんの話は出てきましたが今はウィニーというクマのぬいぐるみと一緒に暮らしている状況です。

お父さんの生死は不明なので死別かどうかは分かりません。
スリでとっ捕まって豚箱入りしているだけかもしれませんしね(・ω・)

ホームズはポリィの事をスリだけど悪い子じゃないと評します。
確かにあまり悪い子には描かれていませんでした。
生きていきために盗みをやっているという感じなんでしょうね。

で、この物語のキモですが
ルビーをまず最初に盗んだのはモリアーティであってポリィじゃないってところなんですよね。

ですのでポリィが宝石を返す気になれば
真犯人からスることでポリィが紅玉を守ったという図式が成り立ち、
紅玉にかかった謝礼金をポリィが受け取ることに道義的問題はなくなります。
(手段としてスッたという事は置いておいて。)

ホームズの愛車が大破°・(ノД`)・°・

物語後半はポリィを誘拐したモリアーティ一味対ホームズのチェイスシーンが描かれます。

途中でホームズの車がガチョウ(と思われる)荷車に突っ込むのですが
ここで原作のガチョウが出てくるのか~とちょっとニヤッとしてしまいました( ̄ー ̄)

で最終的にホームズの愛車は大破してバラバラになりつつポリィを無事救出。

ポリィが紅玉を救ったということにして謝礼金を受け取りに行こうというところで無事ハッピーエンドです。

宝石商からもらえる謝礼金は500ギニーだそうですが、
いくらぐらいになるのか調べてみたところ

シャーロック・ホームズの時代の庶民の年収等と照らし合わせれば
1ギニーは現代の価値で5万円ほどとのことです。

500*5万円=2500万円

ほどということになりますね。かなりの大金です。
ただ、これだけではこの先ずっと生活していけるほどの額でもありません。

この後ポリィがスリ家業から足を洗い
学校にでも通ってまっとうな生活に進むのにちょうど良いぐらいの額ではないでしょうか(・∀・)

ハドソンさんの謎

ホームズの下宿にやってきたポリィの服を洗濯する間、ハドソンさんは自分の子供の頃の服をポリィに着せます。

・・・このシーンなんですけど、
ってことはベーカー街の家はハドソンさんの実家って可能性が高いですよね(・_・)
嫁入する時に自分の子供の頃の服を持っていく可能性は低そうですし・・・
(物を大事にする時代だから将来自分の子供が生まれたときのために着せようと思い嫁入り先に持っていったという可能性はあり得るけど)

うーん。ハドソンさんは未亡人ということなんですが、
夫が亡くなった後は実家に戻されたってことなんでしょうかね(´・ω・`)
子供がいれば夫の家を引き継ぎ、家計を守る伝えていくという事にもなりそうですが、
ハドソンさんに子供がいる描写は無いのでおそらくまだ若いのだから・・・とかなんとか言われて実家に戻されたのかしら・・・。

シャーロック・ホームズの冒険にしろ、名探偵ポワロにしろ、
出て来る家はイギリスの上層階級の描写が多く、
いわゆる庶民~中流がどういう生活やしきたりだったのかはイマイチ分かりません。

なのでハドソンさんが実家に戻っている可能性が高そうなんだけど、実際のところは謎です。

次回予告

次回の第6話なんですが、予告のシーンでなんか作画の雰囲気が違うぞ(゚д゚)!
って印象でした。
さてどうなるでしょうか(´・ω・)