名探偵ホームズ 第6話 緑の風船のなぞをとけ!

番組視聴

名探偵ホームズ 第6話 「緑の風船のなぞをとけ!」を視聴しました。

あらすじ

なにやら見慣れぬ集団と手を組み密輸を行うモリアーティ一味。
レストレード警部が現場に踏み込みますが例のごとく逃げられてしまいます。

一方ホームズとワトソンはハドソン夫人の花壇の手入れを手伝うのですが、
そこへ舞い込んできた緑の風船に助けを求める手紙が同封されており・・・

第6話感想

航空会社に顔の広いハドソンさん!?Σ(゚Д゚)

庭に迷い込んだ風船に救助を求める手紙がついていたことでホームズが捜査に乗り出します。

手紙はイルカ島というところから送られているようで悪いやつから助けてほしいとの内容が書かれていました。

ホームズは風船をたくさん買ってきて、それがしぼむまでどのくらいの時間がかかるかを計測。
5時間15分という平均値を元に気象条件からイルカ島の場所を算出。

すでに夜になっていましたが、航空会社に顔の広いハドソンさんに頼んで、
夜でも水上飛行機を貸してくれるところを尋ねます。

航空会社に顔の広い!?Σ(゚Д゚)

ハドソンさんの新たな一面が明かされましたね。
一体何者なんでしょうか?亡くなったご主人がパイロットだったとか??

妄想が尽きませんが、ホームズ、ワトソン、そしてハドソンさんの三人で先週大破したはずのホームズカーに乗って夜中に出かけます。
ハドソンさんが同行するのが良いですよね(´ω`)

で、夜に急かして出かけたので夜から飛行機で飛ぶのかと思ったのですが、
飛行機に乗るシーンは夜が明けた後でした。。。

灯台を占拠される

ホームズ達がイルカ島と思ってたどり着いた島は地図上では別の名前が付いた島でした。
島には灯台があるので念のため確認してみようとホームズたちは上陸します。
すると人相の悪い犬に出会い、この島には自分たち夫婦以外誰もいないと言われます。

がその時男の背後からまた緑の風船が飛んで行くのにホームズが気づきます。

島&灯台は密輸団+モリアーティ一味に占拠されていて、灯台の明かりを消すことで貨物船を座礁させ積荷を奪うというのがモリアーティの作戦でした。

ホームズとワトソンは灯台に幽閉されていた風船の送り主、ポリーの力を借りて酸化窒素で眠り薬を作り反撃に出ます。

・・・

先週の第5話の女の子の名前がポリィだったのに今週はポリーで似すぎてるのは、もう少しなんとかならなかったんでしょうか・・・( ´Д`)

最後はお約束のドタバタで終了

ポリーの活躍もあり無事に灯台を密輸団から取り返し、貨物船は座礁を逃れます。

モリアーティはそれでも諦めずに追いかけますが、そこにレストレードを始めとするスコットランドヤードの面々が到着。

モリアーティ一味とドタバタの追いかけっこを行いお互いの船は大破。
それでも泳いで逃亡&追跡・・・というところで終了です。

ホームズ達はポリーと灯台守のその両親に別れを告げて水上飛行機で帰るのでした。

ハドソンさんの謎は明かされず

結局ハドソンさんがなんで航空会社に顔が広いのかは語られませんでした。

ただOP映像に使われているように今回出てきた航空会社のパイロットの人がまた出てきそうな感じですのでそのあたりでなんか説明があるかもしれないですね(´ω`)

 

次回予告

次回の第7話は黄金の天使像と7人の子供の話です。
なんとなく6つのナポレオン像っぽい話になるのかなぁという気もしますが、
今回みたいに全く違うオリジナルストーリーかもしれないですね。