株365 システムトレード 2012年11月15日 資金管理と建玉のポイント

※昨日は更新できなかった(ていうか忘れてた)ので、15日の分です。

 

新規で買い玉を仕込んでみました。

とりあえず2セットです。

 

 

 

1セットは仕込んですぐにポイントに来たのでそのまま決済しました。

今回も無事利益になって、ありがたいことです(。╹ω╹。)

来年の初詣は多めにお賽銭を入れよう・・・

その前に初詣行くかわかりませんが(-_-)

(※私は学会員ではありません。単に混むところが嫌なんです・・・(´・ω・`))

 

で、建てたもう1セットはしばらく寝かせておきます。

まだ他にも前に買った玉が含み損でかなりのマイナスになってるので

そちらも早めに決済できたら良いなぁと思います(・∀・)

ま願ってどうなるもんでも無いので気長に待つしかないわけですが・・・

 

今日は私の資金管理について書きたいと思います。

読まれた方の何かの参考になれば幸いです。

 

私はまず10セットまで建てられるように資金を管理しています。

この1セットってのは

1枚辺りの証拠金*1回あたり建てる枚数

です。

今ならくりっく株365の日経225は1枚辺りの証拠金が27,000円ですので

27000円×枚数ですね。

 

で、なおかつ建てるのはどんな事があっても5セットまでです。

実際に建てるのは多くても3,4セットまでと言ったところでしょうか。

(過去の統計からそのくらいに落ち着きます)

 

また、売りと買いで見かけ上フタができた場合にはそれは1セットとカウントします。

損益が仮想的に確定できている状況なので

その値幅以上は損も出ず、もう心配しなくて良いからです。

 

資金管理を

過去最大のドローダウンの1.5倍+必要な枚数分の証拠金

というのはラリー・ウィリアムズの資金管理方法ですが

私は短期トレードで、なおかつ損切りを一切躊躇せずに必ずやりますので

そこまでシビアには資金を用意してません。

(でも余裕資金は多ければ多いほどメンタル的に良いと思います。)

 

損切りをせずにキープしてうまく立ち回って・・・

とは私は思いません。

だってそんな能力も才能もないですもん・・・(´・ω・`)

ですので自分には相場の見通しとかワカランのでさっさと損切りします。

 

一方マイナスの玉で私がキープしているときは確固たる信念がある時です。

トレンドを見て建玉してるので、

例え一時的にマイナスになっても戻る事を経験上知ってます。

逆に言うと私は戻る可能性がある範囲の値幅でしか建玉をしません。

 

とりあえずこれからトレードを始める人は

  • 資金を十分な余裕を持って用意して
  • 自分のルールに従ってサインが出たら何があっても建てる
  • ポイントに来たらどんなことがあっても損切り

これを確実にやれば利益を徐々に増やせると思います。

特に一番大切なのは損切りですね

建てる前に、いくらになったら損切りすると先に決めとけば良いと思います。