2012年の感想

今日は大晦日だけど

為替とCFDは場が開いてるので一応注文は入れてます(・_・)

 

昨日から来年のトレード用にチャートをたくさん書いてます。

あと明日は2012年のデータが全部揃うので

プログラムを改修してシステムトレードの最適化をする予定です。

為替とCFDは1月1日しか休みが無いので

明日中に全部のプログラムを書き換えないといけません。。。

お正月だからと言って相場戦士は休むわけにはいかないのです( ´Д`)=З

 

2012年を振り返ると、

個人的にはトレードで過去最高益を出すことが出来ました。

初めて利益が●百万円を突破しました(・∀・)ウヒョ

 

まー正直シークレットサイン投資法ナイト版に出会わなければもっと利益が伸びてましたが。

 

とはいえそれを選んだ事も含めて、全て自分の責任なのですから

そこは反省して来年もっと頑張ろうと思います。

 

2012年を振り返ってみて、今強く思うのは

トレードスタイルに対する固定観念を捨てろ

って事です。

 

私は2011年まではシステムトレード否定論者でした。

林輝太郎先生の門徒としては

変動感覚による売買こそが相場の王道と思っていたためです。

 

が考え方を変えて

システムトレードを自分のトレードに組み込むことで

利益が爆発的に伸び始めました。

 

よく考えれば林先生だって中源線建玉法という

世界最高峰のシステムトレードの本を書かれているわけですし

なにもシステムトレードを最初から捨てることは無いと思います。

 

なかなか利益が伸びないと言う方は

ぜひラリー・ウィリアムズの本などを買って読まれると良いと思います。

なにかに目覚めて一気に開眼するかもしれません。

 

私も来年は今年よりも更に柔軟に色々なトレード手法を

取り入れながら頑張ろうと思います。