Hexit225 2013年1月21日の結果 相場観を短期で養う方法

連日大きく動くのは

価格帯の変化だけではないかもしれません(-人-)

 

2013年1月21日のトレード結果

+240,000円

2013年1月合計 +340,000円

建玉は225先物(ラージ)を1枚です。

 

今日は大きな利益となりました。

ありがたいことです(-人-)

 

1万円を超えた価格帯に入ってから

値動きが大きくなってきてます。

 

これはたとえば日経平均が長期スパンで見たときに、

一日平均x%動くとしたら

8000円台の頃とは分母の大きさが違うので

必然的に動く値幅が大きくなってるからだと思います。

 

それともう一つは天井付近ほど値動きが荒いってのがあります。

まだ1万円ちょっとなのでバブルの頃の天井とは比べものにならないけど

それでも小さな上昇の天井であっても、それまでの上昇途中に比べると

天井付近ではそれなりに大きく動くもんです(・_・)

 

もし良かったら、月足グラフを1980年代から書いてみると

色々と参考になると思います。

 

私も修業時代は東証第一部の225採用銘柄全ての

月足グラフを1980年代から全部手描きで書きました。

そして毎日225銘柄の4本値と酒田新値を場帳に書いて行きました。

この作業は短期間で相場観を養うのにとても有益です。

今でもそして未来においても通用するやり方ですのでぜひオススメします(・∀・)

 

場帳はもちろん林投資研究所のものを

グラフ用紙はwinsoftのものが最高に使いやすいです。

価格はそれなりにするけどとても良いものです。