HR225 年間成績まとめ(2013年7月~2014年6月)

HR225

HR225 を2013年7月から運用開始して1年が経ったので振り返ってみます。

 

2013年7月~2014年6月の損益: +1,870,000円

通算成績 38勝29敗

(ラージ一枚あたりの結果です。)

 

2014年に入ってから勝率、利益共にガクンと成績が落ちています。

これは今年に入ってから去年とは相場付きがガラッと変わってしまったからでしょうね(・_・)

 

パラメータを変えれば現状に対して最適化は出来ますが

それはカーブフィッティングになってしまいます(・_・)

 

情報商材とか販売サインとかが実際にはさっぱり機能しないのは

商材がたくさん売れるように見せかけの成績を良くするため

過剰なカーブフィッティングをやってるからだと私は思います(´・ω・)

 

やはりサインは自分で作るのが一番ではないでしょうか。

このHR225はラリーウィリアムズの手法がベースになってます。

1年前にHR225の最初の記事でも書いてますが、こちらを参考にしています。

↓↓↓

 

 

自分でシステムを作れないという人は情報商材を買っても良いとは思うのですが

問題は信頼できるサインを買えるかどうかでしょう。

 

商材が信頼できるかどうかの判別方法としては

 

  • 発売開始直後のサインは買わない
  • 検証してるサイトをみつけて成績を確認して買う

 

これだけでも被害を減らせると思います。

 

特に売り手側は期間限定販売などで煽ってきますが

そういうのは気にせず、長い期間販売されてるものを買いましょう(・_・)

本当に実力があるシステムであれば焦って短期間で売りさばかなくても良いわけですからね。

 

購入者の利益を守るため数を限定して・・・・

というのも私は嘘だと思ってます(・_・)

 

というのも一体どのくらいの枚数を同じシステムでトレードすれば相場に影響を与えるかは誰にも分からないからです。

極論すればトレーダーが1枚トレードしただけでも何らかの変化を相場に及ぼします。

ですので煽りは気にせず商材を見て行ったら良いんじゃないかと思います。