SBIはまるで客殺し証券会社ではないか。

SBIにログインしたところTOPに

逆張り投資を始めてみませんか?

というリンク先があり、気になったので見てみました。

 

以下引用です(文章等の著作権はSBIにあります)

 

~~~引用ここから~~~

 

株価は今、逆張りのチャンス!?

世界の株式市場は、2012年2~4月に高値を打ち、昨年来のヨーロッパ債務危機の安値近辺の水準まで調整しています。
しかし、次の理由から、株価が反転となる可能性があると考えられます。

1 現在の株価下落はギリシャの債務問題やスペインの銀行システムへの不安が大きく影響しています。
経済環境や企業収益の水準、あるいは資産価値からみると、割安感の強い水準になっている可能性があります。

2 昨年まで過熱気味だった新興国経済に減速感が出てきたことで、中国など、主要新興国の政策当局が金融緩和を始めとした景気重視の政策に転じ始めています。

3 欧州の銀行は域内の規制により、2012年6月末を期限として自己資本の増強を迫られてきました。逆に7月以降には、リスクをより取りやすくなる可能性があります。

世界的な不安材料となっている欧州問題は、一挙に解決に向かうことは期待しにくいですが、悪材料としてはかなり認知されています。

そろそろ逆張り投資のチャンスではないでしょうか。

 

※ここで株価指数のグラフがありますが省略

 

投資信託で逆張り投資

グローバルな逆張り投資も、投資信託なら手軽に行うことができます。
特に海外市場の場合、個別銘柄の判断をするのは難しい場合が多いですから、投資信託を活用して、マーケット全体に逆張りの網をかけてみる方法です。

次の2つの条件を考慮してファンドを選び出した「逆張り投資参考銘柄リスト」を逆張り投資の参考にお役立てください。

条件1
SBI証券取扱い投信の中で2012年2月末から5月末の3ヵ月の下落が20%以上。
(分配金は税引き前に再投資する前提で計算しています)

条件2
類似のカテゴリーの投資信託が重なった場合は、週間(2012/6/1~6/7)のSBI証券における人気ランキングの一番高いものを掲載。

 

※以下個別の投信の概要が書いてありますが省略

 

~~~引用ここまで~~~

 

要は自社で取り扱ってる投信の宣伝でした。

逆張りの建玉方法を啓蒙してるのかと思ったのですが期待はずれ・・・(-_-)

 

で、問題なのがこれって要はパフォーマンスの特に悪いゴミ投信を客に売りつけようって事。

条件1でとにかくできの悪い投信を勧め、

更に条件2で人気という全くもって何の根拠もない絞り込みを行ってそれをお客に勧めてるわけです。。。

 

私はSBIをもう長い間使ってますが、こんな事を堂々とやるなんて

客殺し証券会社に近いのではないかと思います。

今の持ち株を処分して、早めに資金を引き揚げてこれからはよそで売買しようと思います。